日本発達心理学会
フォントサイズ

ワークショップ・シンポジウム

2019年度国際ワークショップ担当者募集のお知らせ


一般社団法人日本発達心理学会では毎年夏に海外より講師の方をお招きして国際ワークショップを開催しています。
この度、2019年度のワークショップ担当者募集のご案内をさせていただきます。
ワークショップの企画および運営を希望する会員の方は、以下の要領で国際研究交流委員会宛にご連絡いただけますようお願いいたします。
ご応募にあたっては以下の4点をご考慮いただけると幸いです。

(1)2019年夏(今年度は11月)に3〜4日間のワークショップ(3時間の公開講演会を含む)を開催できる方であること
(2)講師への謝礼は、ワークショップ15万円、公開講演会5万円です(所得税と復興特別所得税を合わせた源泉徴収分20.42%は含みません)。日本への旅費は40万円を上限としてお支払いします。宿泊費用については、ワークショップの日数プラス1〜2泊分(最大5泊まで。1泊1万5千円を上限の目安とする)をお支払いします。
(3)ワークショップ担当者には、講師との来日前後の連絡調整、講師の滞在中の折衝、報告書の作成をご担当いただきます。
(4)国際交流委員会はワークショップ担当者とともにワークショップを運営いたします。

◇以下の点を明記した推薦書を国際交流委員会・委員長宛にEメールにてお送りください。応募の書式は学会ホームページ(ワークショップ・シンポジウム>国際研究交流委員会からのお知らせ)から、ダウンロードしてお使いください。
(1)ワークショップ担当者の氏名、所属、連絡先(メールアドレスを含む)
(2)推薦する講師の方の氏名、現在の所属、職名、連絡先、主な業績数点および受賞歴
(3)推薦理由(発達心理学への貢献、国際ワークショップに招聘する意義など)
(4)受け入れ担当者の候補(ワークショップ担当者が受け入れ担当者と異なる場合のみ記して下さい)

◇締切: 2018年2月28日(水)必着

◇推薦書の提出先: 浦田 悠(大阪大学・国際研究交流委員会委員長)
メールアドレス:

*ご推薦いただいた候補者の方については、まず国際研究交流委員会で検討し、その結果によってはさらに情報の提供をお願いする場合もございます。
*過去の国際ワークショップの情報は、学会ホームページをご参照ください(ワークショップ・シンポジウム>国際研究交流委員会からのお知らせ>過去のワークショップ)。

------------------------------------------------------------------------------------------