今、改めて、発達を考える

大会の実施内容

【1】大会特別プログラム――今,改めて,発達を考える――

 今大会のテーマ「今,改めて,発達を考える」を基とした特別プログラムを企画しました。以下の内容を予定しています。詳細は大会プログラムでご案内します。

  • 今,改めて,発達を考える
    司  会:内山伊知郎(同志社大学)
    基調講演:南 徹弘(大阪大学名誉教授)
    展開講演:日野林 俊彦(藍野大学)
    指定討論:南 徹弘(大阪大学名誉教授)

 

【2】招待講演

 以下の1 件を予定しています。演題は仮題です。詳細は大会プログラムでご案内します。

  • 講演者:Claire Hughes 氏(ケンブリッジ大学・教授)
    演 題:Family Influences on Theory of Mind

 

【3】大会委員会企画シンポジウム

 以下の4件を予定しています。演題は仮題です。詳細は大会プログラムでご案内します。

  • 個体発達に生態学環境が与える影響
    ――日本の子どもたちを取り巻く環境を再検討する――
    企 画 :日本発達心理学会第31回大会委員会
    企 画 :荘厳舜哉(保育・子育てアドバイザー協会 関西)
    司 会 :荘厳舜哉(保育・子育てアドバイザー協会 関西)
    話題提供:山縣然太朗(山梨大学医学部)
    話題提供:友田明美(福井大学子どものこころの発達研究センター)
    指定討論:内田伸子(十文字学園女子大学)
  • 公認心理師に必要な発達心理学の学びと実践
    企 画 :日本発達心理学会第31回大会委員会
    企 画 :子安増生(甲南大学文学部)
    司 会 :子安増生(甲南大学文学部)
    話題提供:林 創(神戸大学院大学院人間発達環境学研究科)
    話題提供:郷式 徹(龍谷大学文学部)
    話題提供:本郷一夫(東北大学大学院大学院研究科)
    指定討論:遠藤利彦(東京大学大学院教育学研究科)
  • アニミズム再考:Developmental Cybernetics の視点から
    企 画 :日本発達心理学会第31回大会委員会
    企 画 :板倉昭二(同志社大学)
    司 会 :板倉昭二(同志社大学)
    話題提供:大神田麻子(追手門学院大学)
    話題提供:谷口康祐(同志社大学)
    話題提供:Federcio Manzi(ミラノカトリック大学)
    話題提供:板倉昭二(同志社大学)
    指定討論:神田崇行(京都大学)
  • 「所有からシェア」の時代における「所有」を考える
    企 画 :日本発達心理学会第31回大会委員会
    企 画 :安藤明人(武庫川女子大学文学部)
    司 会 :安藤明人(武庫川女子大学文学部)
    話題提供:岡田美智男(豊橋技術科学大学 情報・知能工学系)
    話題提供:平井美佳(横浜市立大学国際教養学部)
    話題提供:松浦和也(東洋大学文学部)
    話題提供:井関紗代(名古屋大学大学院情報学研究科)

 

【4】学会企画シンポジウム

 以下の企画を予定しています。演題は仮題です。詳細は大会プログラムでご案内します。

 各種委員会企画シンポジウム 他

  • 発達心理学研究編集委員会企画
    親性の統合的理解を目指して
  • 国内研究交流委員会企画
    「 10年後」の発達心理学の話をしよう
    ―情報技術,持続可能性,多文化の視点から―

 関連学会・団体との共催シンポジウム 他

  • 他学会等との共催および各種委員会の企画の場合は,企画費は徴収いたしません。ただし,日本発達心理学会の分科会や地区懇話会は関連団体となるため,企画費が必要です。他学会等との共催および各種委員会による企画につきましては,大会委員会()に企画代表者が直接お申し込みください。

 

【5】大会委員会企画ラウンドテーブル

 ご挨拶にもお示ししましたように,今大会を担当する大会委員会は「関西地区懇話会」が中心となっ ています。これは日本発達心理学会年次大会30 年の歴史の中で初めての試みです。日本発達心理学会 の特徴の一つとして,日常的には地区懇話会・分科会により,そして大会時にはラウンドテーブルによ り,研究交流を促進していました。これを受け,本大会委員会は以下のラウンドテーブルを企画しまし た。詳細は大会プログラムでご案内します。

  • 発達心理学会地区懇話会・分科会のこれまでとこれから―日本発達心理学会30 年の歩み―